Search this site
地震のあとで その2
宮部みゆきはすごいなとつくづく思う。

三島屋変調百物語(重い過去を持つ三島屋の縁戚の娘、お初が訪れる人々の不思議な話を聞く物語)の
「くりから御殿」を発表したのは2011年6月22日発売のオール讀物。

少年時代にすさまじい山津波が村を襲い、家族も幼なじみも亡くしひとりぼっちになってしまった長治郎。
夢の中、誰もいない自分の家の中で幼なじみの気配を感じ、目が覚めるとその子らの亡骸が次々と見つかる。
そして40年、もう一度夢の中の家に戻った長治郎だが、妻のお陸が可哀想だから来てはいけない。
一度もどれと言われて三島屋にやってきたのだった。

長治郎の、一人だけ生き残ってしまった悲しみ、後ろめたさ、辛さを吐露するシーンは落涙せずにはいられない。

東日本大震災のリアルタイム中継を見てしまった人々は、北海道にいても沖縄にいても東京にいても
あれだけのすさまじい災害にあってしまった人々と自分を引き比べてひどく後ろめたかった。
朝ドラ「あまちゃん」の中で「東北の方々があんな事になっちゃって」と仕事も手につかぬ、という台詞。
自分が何も出来ない事を思い知らされるという感覚。
事態が少し落ち着けばそれぞれやれることがわかってくるのだけれど、当面はフリーズ。
当事者でない人間があれほどショックを受け後ろめたさを抱えたのだから、現実に家も無くし、家族や友人、仕事仲間など
多くを失なってしまった方々は、呆然とする中で自分が生き残ってしまった悲しみや後ろめたさやどれほど複雑な苦しみを抱えていただろう。。

宮部みゆきは地震から3ヶ月後に、生き残った人々に向けて何にも出来なくても生きてていいんだ、
どうか生きて下さいとぐいぐいと全力で書いていた。
災害からまだそう間もなく、読むには息苦しいほどに悲しい話だったけれど、宮部氏の覚悟というか、作家にしか出来ない事を
彼女は全力でやっていた。

私の2011年は年明けから最悪な体調だった。前年始めに父が死に、それはそれは面倒な手続きや挨拶をこなし、自宅転居し、
検察審査会のメンバーとして毎月裁判所に通い、でも風邪一つ引かずに乗り切ったのに。
1月に突然の良性発作性頭位性めまい。続いて重症の五十肩、自律神経失調症の様々な症状。
そこに地震と原発事故でもしかすると最悪の事態になれば東京にも住めなくなるかもしれない。
被害に遭った方々にわたしの出来ることと言えばせいぜい募金をする程度のこと。
滑り出しは最悪。治療の甲斐あって肩痛が引き、なんとか気を取り直した時にはもう秋になっていた。

あの災害に私は殆ど何も支援できなかったのに、たくさんのことを学ばせてもらった。

子どもは育ち上がり社会貢献出来る能力も無いけれど、自分の事しか考えられないけれど
ちゃんと生きよう。しっかりとちゃんと生きよう。
自分に出来ること、というにはあまりに身勝手なかんじだけどあの地震以来私の中にずっとある。

15年前始めたもののすでに8年ほどブランクを開けてしまった銅版画にふたたび取り組み始めて4年。
今秋多摩美術大学80周年事業で開催された国際ミニプリント・トリエンナーレ展2015に拙作が入選。
作品は多摩美術大学美術館で保存して下さるという。こんなに光栄で嬉しいことはない。
目も手も少しずつ衰えてきていつまで続けていけるかわからないけど、本気で造り続ける。

来年は大きな個展を予定しています。



instagramやってます。syakobonで探してね!

泣き童子 宮部みゆき三島屋変調百物語3 2013/文藝春秋
posted by えみちゃん | 09:28 | よむよむ | comments(0) | - |
地震のあとで その1
久しぶりに村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」を読み返した。
この”地震のあとで”と表題され1999年の新潮8月号からの連作短編5編+書き下ろし1編は
私にとって村上作品群の中で特別な1冊。
村上を読んでいる周辺の友人知人にこの1冊は村上春樹のひとつの到達点だと思う、と感想を述べると
まぁまぁの頷きが帰ってくる程度。全くだと全面同意するひとはいない。
まあ作家本人がデタッチメントからコミットメントと表して1997〜1998と「アンダーグラウンド」「約束された場所で」の
2冊のインタビューものを上梓した後での連作短編集だからね、というかんじで。

1995年のあの震災からオウムのサリン事件まで、あの数ヶ月は私にとって最も忘れられない年のひとつになった。
一人息子が春には中学進学というひとつの区切りがいよいよやってくる時で落ち着かない時期でもあった。
1月17日の朝一番のニュースで流れた神戸の街の空撮は、静まりかえった中ひとすじふたすじの煙が見えるだけで
人々の姿も動く車も見えず、まるでまだ誰も何が起きているのかわからないといった様子だった。

私は2週間後に控えていた息子の中学受験の準備大詰めでとにかく風邪を引かさないよう、ゆるまずおだやかに
日々を送らせていた。
2月の受験を終え3月はいよいよ卒業。春が近づいてきて行事に追われて、のところにサリン事件が起こった。

当時我が家は都心にあり、事件のあった路線のすべてを利用する事のある夫は実際そのうちの一路線で早朝に出勤している。
あの日の情景は今もありありと思い出せる。何かはわからないけれど地下鉄で何かが起きている、その報道を振り切るように家を出て、
わたしは学校のランチルームでほかの父兄とせっせと卒業謝恩会の準備をしていた。
担任教師が顔色を変えて「サリンらしい」と入ってきてランチルームのテレビをつけた。

後年神戸に実家のある友人が、地震の時に東京の人もほかのいろんな所の人もみんな大変だったでしょうというけれど、
あの災害の切迫感とか空気は絶対わかってもらえないと言うのを聞き、そりゃそうだ、あの日の東京の何が起きてるのか
全く理解できないままバタバタとひとが倒れて運ばれていき、道ばたに人があふれるあの光景。
学校に来ていた父兄は上の子どもや家族と連絡を取ろうとやっきになっていた。テレビに映る映像だけではあの何ともいえない
焦燥感というか、不気味さは伝わってないだろう。

その空気感はそこにいなければわからない。
あたりまえのことだ。

20年前の私は若くて自分の身の回りのことで精一杯だったし、毎朝新聞を読んでは地震で亡くなった方々の記事を読んで涙をこぼしていても
神戸のひとたちの苦しみや悲しみに共感できていなかった。
夫の兄弟は震源のすぐ近くに住んでいたし、みな関西にいたので人ごとではなかったんだけど。

それから5年後に出版された「神の子どもたちはみな踊る」の最初の5編はいかにも村上で宗教がらみだったり
人語をしゃべるかえるくんだったり出てきて淡々と語られる。それは物語と言うより情景だ。

最後の書き下ろしは出ました村上ワールドで男2人に女がひとり。カップルが出来ても3人でいる方が居心地が良くて親密で、的なおきまりのあれ。
でもね。今回はこどもがいるの。いるんだけどやっぱり別れてしまって、それでもこどもを挟んで3人のビミョーな関係は続く。
男の内のひとり、集中の仕方がわからなくてなかなか長編に手を出せない中堅の短編作家が、やっとその彼女と結ばれて、
「夜が明けてあたりが明るくなり、その光の中で愛する人々をしっかりと抱きしめることを、誰かが夢見て待ちわびるような、そんな小説を。」
書こうと決意する。
今までだったらこの別れた方の男が事故で死んじゃったり女が心を病んだりがパターンでくらーい話だったから
この「蜂蜜パイ」を読んだ時、なんだかわからないけどすごく救われた気がした。

基本的に音楽も小説も映像も、もう絶望的な状況や憤りや悲しみが満ちていても、やっぱり心の片隅に小さい小さい希望の灯火をかかげて
明日も生きていこうよ、というものであって欲しいと私は常々思っています。
村上もやれば出来るじゃない。
たぶん当時持っていたもう思い出せない鬱屈したものにちょっと風を吹き込んでくれたのかもね。

村上はサリン事件のインタビューを経験して(オウム信者とのものはフラットであろうとする姿勢は理解できたけれど
私には不快な所もあった。もとは小さな善意の団体だったはずで末端の信者はみなおとなしく自制心もあり
理想の姿を思い描きつつ修行してる的な部分を村上氏は評価というか理解しようとしてると受け取れたし。
もっとも彼は事件後帰国するまで4年に及ぶアメリカ生活をしていたからオウムの情報には疎かったんだろうと思う)
それこそコミットメントへの変貌を自覚したのだと思う。そこは大いによろしいかと。

そして同じ2000年の秋、わたしは青山で初めての小さい個展をひらいた。
布イラストレーションと称したアップリケのどうぶつたちを絵画のように額装した作品群で、
雑誌の仕事からすっぱり手を引いて自分のための何かを模索していた。
その翌年も続けて個展をしたあと、その布制作そのものからすっぱり手を引いてしまった。

今度は全く違うことをしよう。
布でなく金属で、カラフルから黒へ。
銅版画を始めることにしたのだった。
(つづく)


instagramやってます。syakobonで探してね!

神の子どもたちはみな踊る 2000/新潮社
アンダーグラウンド 1997/講談社
約束された場所で 1998/文藝春秋
 
posted by えみちゃん | 09:57 | よむよむ | comments(0) | - |
ジビエ好き
 漫画大賞2013は、吉田秋生氏の「海街ダイアリー」でした。
ぢみーなマンガですよ。ご本人もビックリじゃないかしらー。
私が注目したのは同じダイアリーでも10位の「山賊ダイアリー」


岡山在住の現役猟師さんのマンガです。
猟銃や罠での捕獲、エモノはカモなどの鳥類からシシ(猪)まで。
解体調理もきちんと描いていて興味深いです。

亡父が狩猟をやっていたので、私は小学生の頃からジビエ好き。
父が獲ったカモやらヤマバト、キジ、いろいろ食べてました。

画は中学生並みですが、オモシロイわー。
2巻の表紙のイノシシ、ラブリー♪
posted by えみちゃん | 08:52 | よむよむ | comments(4) | - |
ミステリベスト2012

12月といえば、忘れちゃいけないミステリベスト。

このミステリーがすごい・文春ミステリーベスト10、
両方ともベスト3作は同じでした。

1位「ジェノサイド」           高野和明
2位「折れた竜骨」           米澤穂信
3位「聞かせていただき光栄です」 皆川博子

すべて未読です。
ま、この両ベストは毎年翌年の読書指標にしてますし。
だいたい新刊本買ってると収拾が付かなくなるので、
図書館に予約しては読む、というのがワタシのパターン。
ただ、1位のジェノサイドは出版当初から今年のベストという
呼び声が高かった事もあり、出遅れて7月に予約したんですが
未だ順番が回ってきません。あと100人以上いるだのよねぇ。

今回このミスでは10位なし、という判断。
面白いのは文春ではびっくりの3作入りの東野圭吾作品が
このミスには1作も入っていないこと。
加賀恭一郎もの、ガリレオもの、含めて今年4作品出ましたが、
このミスに選ばれなかったのもわかる気がします。
もともと動機面が弱いというか、それかよって作家だし、
往年の作品と比べるとね、という事かもしれません。
私自身は96年の「悪意」あたりからダメになったなぁと思ってます。
それでも人気は抜群のようで、今年のうちの2作は
図書館予約まだ500人以上待ってます。来年中には読めるかな。


今年の私の読了は60冊あまり、もっとも再読や軽い読み物を入れれば
100冊程度でしょうか。例年と変わらず。

ベストは、宮部みゆき「おまえさん」でした。
「ぼんくら」「日暮らし」に続く第三弾ですが、大作で読み応えじゅうぶん。
何気ないひとことが胸に詰まることが数度。
2011年のベストに入った「小暮写真館」とやっと順番がまわってきた
「あんじゅう」もとてもよかったです。

私は宮部氏のデビューから8割以上の作品を読んでいるのですが、
当初はそれほど評価していた作家ではありませんでした。
文章はうまいし、そつがなく。でも贔屓にはしてなかった。
この人は現代ミステリより圧倒的に時代物がいいんだよね。
とてもとても大切な事を大振りしないで静かにきちんと
語らせることが出来て、人物の言葉だけでなくてその
立ち振る舞いに物語を見せられる人だと思う。
近年ではもっとも好きな作家の一人になりました。

弓の介ちゃんやおでこはこれからどうなるのかな。
「仁」じゃないけど、この中にスリップして会ってみたいな。


今年もツリーを飾りました。首かしげてる?

2年前にプレゼントしてもらってから、3度目のクリスマス。
すっごい大きくなりましたよ。

posted by えみちゃん | 12:47 | よむよむ | comments(3) | - |
伝えたいから

今年は赤羽末吉氏の生誕100年です。
私がもっとも敬愛する画家のひとり。
名前だけではわからずとも、これを見ればわかるでしょう。

スーホの白い馬


教科書にも載ったモンゴルのおはなし。
教科書よりこの大型絵本の迫力がすばらしく。

少子化のせいなのか、不況のせいなのか、
近年日本のむかし話や民話の良質な絵本が絶版であったり
版元切れ・重版未定との事実上の絶版となっていて、誠に残念です。
こどもというのは単にキレイでかわいらしいものを好むと限らない。
怖かったり不思議だったり、ダークな色合いの重厚な絵本も
きれいなものと変わらずに受け入れます。
それがホンモノで良質であれば。
そのことは出版社もわかっているとは思うのですが。

生誕100年と言うことで数作の復刊がなされてはいるのですが、
今回、もう入手できない赤羽先生のいくつかの絵本。
なんとか手に入れられればと出版社に問い合わせてみました。

まずは「うりこひめとあまんじゃく」フレーベル館

もうこの表紙だけでワクワクしちゃいますよね。
女の子のももたろう版のようなお話ですが、こちらの方がうんといい。
こどもの頃から好きなおはなしでした。

開けちゃイケナイ、とじさまばさまに言われているけど
「かためのたまだけあけてくれろ」と言われてあけちゃう。



絵本は入手できなかったんですが、出版元フレーベル館から

「お譲りできます在庫がございませんため
コピーになりますがお送りさせていただきたいと思います。
またこのたびは大変貴重なご意見を頂戴致しましたので
今後、企画の検討として参考にさせていただきたいと思います。」

今まで1度も見ることが出来なかったうりこひめ。
やはり絵本のかたちで読みたいものです。
フレーベル館は「キンダーブック」でおなじみの老舗です。
がんばってほしい。

もう一冊は、同じく赤羽先生の「ひょうたんめん」偕成社。

(ネットから表紙を入手)
赤羽先生ファンでひょうたニストの私のツボ。
これも1度も見たことがありません。
ムスコが小さい時にはすでに入手不可能。

問い合わせには速攻でお返事があったのですが

「昨今の出版事情を鑑みると、なかなか刷り増しが行えないのが実状です。
このへんの事情をお含みいただき、御了解くださるようお願い申し上げます。
お力になれず、大変申し訳ございません。 」

しかも
「社内でも編集原本が残っているだけで、
他に在庫は見つかりませんでした。 」

この絵本1984年来の「版元品切れ」ですよ。もう30年近い。
加えて、これは偕成社の「日本むかし話 1~4」の1冊。
4作のうち、今も2作は出版しているのです。
なにがどうなるとこんなハンパな事になるんでしょうね。
いわゆる「版下」がなくなっちゃってる、ってことでしょうか。

日本のむかし話や民話などは、大げさに言えば「祖国の宝」です。
うつくしい日本の風景を描き、すばらしい絵本を残された赤羽氏の
こうした画業が埋もれてしまうのは、ほんとうに残念です。

偕成社もフレーベル館も両社の「ノンタン」や「アンパンマン」など
売れ筋を追わざるを得ないのかもしれませんが、
出版の使命というものがあると思う。
電子書籍がどれほど広がろうと、手にとって楽しむ、という
絵本の原点は守って伝えて欲しいと願わずにはいられません。


上記2作とも図書館にはまだ置いているところが多いと思います。
興味がおありの方はぜひ。
その他の赤羽先生のむかし話絵本も手に取ってみて下さい。



posted by えみちゃん | 10:03 | よむよむ | comments(5) | - |
でびゅう!

本日はムスコの誕生日。27才になりました。
明け方生まれ。寒かったです。
アニメ制作の仕事を始めて3年。
貧困世帯年収ですが、スキルアップ・収入アップを目指して頑張って欲しいです。

そんなムスコの先輩が、漫画誌ででびゅうしました。
大学時代からよく我が家に遊びに来ていた青年。
今までも挿絵やイラストの仕事をしていましたが
いわゆる一般流通誌での初連載です。囲碁もの4コマ。

「白黒つけましょ!」 宇城はやひろ
まんがタイム・スペシャル 芳文社 2月号 毎月22日発売

発売日に即買いし、彼の作品を見た時は感無量でした。
向こう2回の連載が決まっているそうです。
よろしければお手にとって下さいまし。いえ、立ち読みだけでもいいですからー。

posted by えみちゃん | 09:12 | よむよむ | comments(3) | - |
床下の小人たち

mixiでHちゃんが取り上げていた宮崎アニメ次回作。
借り暮らしのアリエッティ
こちらでもちょっとご紹介します。


原作は「床下の小人たち」を1作目に、全5作のシリーズ。
1作目は1952年に発刊されています。
ポッドとホミリーという両親と一人娘のアリエッティのお話です。
このちいさい人たちは人間からいろいろなものを「借りて」暮らしています。
アニメのタイトル「借り暮らし」は、翻訳者の林容吉氏の後書き部分に書かれており
原作「The Borrowers」からすると「借り暮らし」であるけれど、
本の題としてはわかりにくいので「床下の」とした、とあります。

作者メアリー・ノートン氏はこう言っています。
「わたくしが、借り暮らしの小人のことを、はじめて思いついたのは
わたくしが近視眼だったからだと思います。ほかの人たちが、はるかな丘や、
遠くの森や、空かけるキジなどを眺めているとき、こどものころのわたくしは、
わきをむいて、ちかくの土手や、木の根、もつれあった草むらなどに見いっていたのです」
(訳者のことばより抜粋)

私は目は良かったけれど、外に出て遊ぶというより、小さな折り紙を折ったり
細々したものを作ったり、ということが好きなこどもだったので、この本は本当に好きでした。
今でも私やHちゃんはミニチュアに目がなかったりするのも、それででしょうか。
アリエッティ達は、指ぬきや安全ピン、ボタンや爪切りなどをうまく使いこなしていますが
今でも時々、これをあげたら喜ぶだろうな、とミニチュアものを見ると思ってしまいます。

原作があって映画やアニメにするのは、読者のイメージがあるので
なかなか難しいことでしょう。全く原作通りにするのも制作者としてはイヤでしょうし。
でも、この本の持つ世界観はやはり大切にして欲しい、と思います。

翻訳の林氏は後書きの中でこうも書いています。
「どうぞ将来、英語のままで読んで下さい」

ええ、お言葉通りに。

2冊だけですが。こちらはアメリカ版なのでイギリスのものと挿絵が違います。
断然イギリス版のほうがかわいー。

posted by えみちゃん | 13:46 | よむよむ | comments(4) | - |
ダメだから

もっとも愛好する漫画家のひとり。中川いさみさん。
ベスト3かも。ついつい単行本を買ってしまうの。


ものすごくくだらなくて、むちゃくちゃ下品なので、読まないでね。
「くまのプー太郎」がアニメ化されたとき、えっ、いいのかと思った。
あれはマシな方とは言え、あの絵でねぇ。。。。

たぶん小学生くらいから、その辺の紙とか教科書とかに描いてたまんまだと思う。
「こーゆー帽子かぶっててさー」とか言いながら(笑)

へーどんなのかな、って思っても、買っちゃダメだよ。


posted by えみちゃん | 11:03 | よむよむ | comments(5) | - |
11月のよむよむ

11月は読書時間があまり取れませんでした。
寝る前に少しだけ、と読み始めて面白くて寝られなくなる、
という本に出会わなかったもんねぇ。

・桜の園 -神代教授の日常と謎-  篠田真由美     東京創元社
・邂逅 -警視庁失踪課・高城健吾- 堂場瞬一      中公文庫
・雪虫                   堂場瞬一      中公文庫
・被弾                   堂場瞬一      中公文庫

堂場瞬一は本屋のオビ宣伝に乗せられて読んでみております。
失踪課・高城シリーズと「雪虫」から鳴沢了シリーズ。
「徹夜してしまうほど面白い傑作警察小説」とありますが
このジャンルでは横山秀夫や真保裕一の小役人シリーズに敵う者なし。
この作家はミステリーの他にスポーツ小説を書く。
ミステリー&時代小説・歴史小説・恋愛もの、の作家は結構いるけれど
かなりめずらしいタイプだ。
題材には野球・ルチャ=リブレ・マラソン・ラグビーなどを取り上げている。
これらの著作は未読なのでわからないが、警察ものを読む限りでは
彼の文体や人物造形はスポーツものの方が良いような気が。

「桜の園」は篠田氏の「建築探偵シリーズ」の番外。
建築シリーズの方は14作中9作が講談社文庫から出ています。
「建物」に絡んだ事件に桜井京介と周辺の人々が係わるシリーズもの。
シリーズもいよいよ大詰めに来てるところ。来春には次刊が出るはず。
シリーズ好きなんですが、今のところ楽しみに待ってるのはこれ位ですね。

「十二国記」最近新潮社の「yomyom」で短編出しましたが、長編はどうなるんだっ。
小野先生、なんとか頼みますよぉっ!

ソレ、犯人は掃除のおばちゃんだよ。


そういうの言っちゃダメだしょー!

posted by えみちゃん | 11:36 | よむよむ | comments(4) | - |
10月のよむよむ

「古都堪能」を連載中ですが(笑) 10月のよむよむです。

・ガリレオの苦悩             東野圭吾            文藝春秋
・贖罪 -警視庁失踪課・高城健吾-  堂場瞬一            中公文庫
・相克 -警視庁失踪課・高城健吾-  堂場瞬一            中公文庫
・玻璃の天                北村薫              文藝春秋
・シェイクスピア・シークレット       ジェニファー・L・キャレル  角川書店
・既死感                      キャスリーン・レイクス   角川文庫

「ガリレオの苦悩」
ガリレオシリーズ。
9月のよむよむでの「聖女の救済」が長編で、同時発売のこちらが短編集。
こっちのほうが読めます。
そもそもガリレオはマニアックなトリック、というのが売りで、動機やら何やらは
後付け、というと失礼だがま、どうでもいいかんじ。まず始めに犯罪・犯人がおり
そのトリックを解明するという、コロンボ的、古畑的な造りなので長編には苦しいかと。
私は映画化された長編「容疑者Xの献身」もD評価。
ガリレオは短編に限ります。

「玻璃の天」
ベッキーさんシリーズ2作目。1作目未読です。
てか、図書館にオーダーしたらこれが先に来ちゃったのよ。
シリーズ3作目の「鷺と雪」が今年の直木賞受賞。これも未読です。
昭和初期を舞台にした連作短編風の仕上がりになってました。
落ち着いて読める佳作です。

「シェイクスピア・シークレット」は幻のシェイクスピア作品を追う、ダビンチ・コード風。
これも映画になるんでしょうかね−。
「既死感」はFOXのTVシリーズ「BONES」の原案となった作品。
作者レイクスは現役の法人類学者で、主人公テンペランス・ブレナンとなって活躍するのだが、
ドラマは全く違う設定。結構クラいし、エンターテイメント系としてはイマイチであります。
今月はコレいい!というものに巡り会えず。残念。

むふー。


大枚はたいて買った「若沖大全」を我がモノにするぎんぽん。ヤメテクダサイ。

この固さがいいかんじだぜー。

posted by えみちゃん | 09:59 | よむよむ | comments(4) | - |