Search this site
三度目のスペイン
三度目のスペインに行ってきました。
相方はスペインは初めての友人ハツ。大過なく帰ってきましたよ。

4/21 成田=ヘルシンキ=バルセロナ 15時間20分(含transfer)

Hotel SuitesAvenue(penthouse)
カサ・ミラの真ん前のグラシア通り沿い。地下鉄の駅も近くて便利。
銀座通りって感じできれいで危なくないけどスペイン情緒?はありません。

4/22 ゆるゆる観光。サグラダファミリア、カテドラル、カタルーニャ音楽堂
        とにかく観光客が多くてサグラダファミリアもピカソ美術館もチケット買うのに
        長蛇の列でとても入れない。ネットでチケットを購入しておくべき。

バルセロナはpinchosで知られてるけど元はバスク地方の食べ物ですって。
毎日通ったのがCerveseria Catalana。
どれも美味しくて楽しい。ワインも飲んで二人で€40〜50(但し二人とも少食)
朝食もやってるそうなので次回は朝から行く予感w


4/23 バルセロナ・オープン 3回戦 vsヒラルド €85(前日ネットで購入)
4/24 バルセロナ・オープン QF vsアグート €60(日本で手配)

両日とも天気も良く観戦日和。席も心配していたほど悪くなく。
多少値段はするけれど全日通し券を日本で買っておくのが賢いと思う。
少し上段の席でも大丈夫かと(上の方が安い)
会場までホテル(カサ・ミラ前)からタクシーで約15分。€10
場所がよくわからない運転手さんばかりだったので、googlemapをプリントして
見せられるようにしておけば安心ですよ。

座布団と応援用手作り圭くんうちわを日本から持参。サインしてもらったぜ。
圭くん二連覇本当におめでとう〜!

4/25 バルセロナ(サンツ)=マドリード(アトーチャ)  
        renfeAVEで移動。3時間 €69.10(preferente)

乗り鉄って程でもないそうだが、のりものだいすきの相方ハツごきげん。
初めてのAVEは快適でトイレもきれい。
街の中心地の駅に着くので3時間以内なら国内移動はAVEに限ります。

4/26〜29 マドリード滞在。
Hotel Vinnci Soma(apartamente)

マドリ在住の友人神津くん家族に遊んでもらう。
プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、装飾美術館、王宮
スタンダードな所とちょっと変わり種の装飾美術館。

真ん中のは地下鉄券売機。10回券で€12.20 
複数人で使い回せるしバスも乗れます。


4/30 往路と同じくヘルシンキ経由で帰国。14時間30分(含transfer)


次回はバルセロナから1時間のフィゲラスにあるダリ美術館に行きたい。
フィゲラスの少し先にあるカダケス美術館では毎年
MINI PRINT INTERNACIONAL DE CADAQUES が開催されており、来年以降
是非エントリーしたいものです。そんで入選したら見に行くの。
新しい目標が出来たいい旅でした。

instagramやってます。syakobonで探してね!
===================
旅の相方ハツもスペイン紀行をブログにupしてます。併せてどうぞ。
でじでじでーじ http://hobbesthecat.jugem.jp/
posted by えみちゃん | 12:15 | たびのそら | comments(3) | - |
年末年始・年始沖縄観光編

2014年を病後で迎えましたw
元旦にはムスコも帰ってきて親子3人でぢみながら新年を祝い、2日には恒例の母宅へ新春の挨拶。その後もぬくぬくと松の内を過ごしました。

そしていざ沖縄へ出発!
140130-8.jpg
久しぶりの沖縄&友との再会はぐはぐ。観光もバッチリでしたともさ。
今回は中部・南部中心です。
レンタカーでいろいろ回ることにしました。

お約束のやちむんの里で器を買ったり、道の駅で地の野菜を見たり。

沖縄中部では橋が架かった島に渡りました。
伊計島、宮城島、平安座島に浜比嘉島。
南部にある、神さまの島である久高島も一度行ってみたいと思うのですが、
ココロのきれいなものじゃないと上陸したとたん雷に打たれるそうなので、
ま、今回はカンベンしてやるかとあきらめました。遠くから拝むだけねw

4島のうちの浜比嘉島で塩工房を見学しました。
流下式塩田といって、組んだ櫓に竹枝を配し海水を流すという方式。
竹枝から海水がしたたり落ちる間に太陽と風で水分を蒸発させる。
この海水を循環させて海水濃度を上げていくわけです。
このあと平釜で煮詰めて塩にするのです。
工房内を丁寧に案内して下さったので、勉強になりました。
塩作り体験も出来るけど30分かかるのでパス。

140130-14.jpg
                        おみやげも購入!

左の塩はにがり水を入れた桶の底で自然に結晶した塩。
ミネラル分たっぷりで、とんがったところが全くない塩です。
そんなにたくさん出来ないので、出会えてラッキーでした。

この塩、浜辺にあるアマミチューのお墓に一回供え、無病息災を祈願し、
いただいて帰るといいんですよ、と教えられ早速。
シマミチュー・アマミチューという夫婦のカミサマがおられるそうです。
140130-6.jpg

浜を進むと崖の高い位置にあるのです。ありがたやありがたや。

さて、今回の観光のメダマはホエール・ウィッチングでした!
4時間で3800円。ポイントまで1時間半位。カタマランタイプの船で
揺れにくい!と謳ってますが、確かに。
船にあまり強くないオットも何事もなく楽しめました。

で、見えたかって?

見えましたとも。

ほらー
140130-10.jpg

コンパクトカメラしか持って行かなかったのでこんな写真ですが、
30m先くらいに出ました〜。

もちょっと寄ってみると
140130-11.jpg
          
この日はあんまり出なかった日のようで、2回しか遭遇できず。
でも、一番よく見られるのは2月後半〜3月初めらしいので仕方ないですね。
オフィシャルブログによると私たちが行った時期より今の方が断然出現してるようです。
一番良いときにも一回行きたいわぁ。

今回はうまく時間が取れずに行けなかった世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)も次は必ず!

posted by えみちゃん | 09:36 | たびのそら | comments(1) | - |
週末旅行 京都編
 週末旅行。一夜明けて京都へ向かいます。

JR大阪駅で見かけてぱちり。エキマルシェの広告です。

写真がわかりにくいんだけど、
駅帽はブロッコリ、時計はベリータルト、改札はリップ、線路はベルト、
バッグはネイル、キップはシャツ、電車は食パンです。手袋がよくわかんない。
スッキリおしゃれでいいですよねー。やれば出来る子じゃん、大阪。

さて、まずは京都駅からすぐの東寺。

すごくきれいだったんだけどねー。曇ってたの−。
もうかなり咲いてました。しだれ桜だいすき。

そのあとは京都で一番好きなお庭の建仁寺や、

足がよれよれになった知恩院、円山公園などそぞろ歩いてお昼を食べ、
祇園の白川沿いをぶらぶらしました。

すると


                「俺や俺や」

お料理やさんの前に陣取るアオサギくん。
ふだん何かもらってるんでしょうか。
辛抱強くのぞきこんでいます。開けてもらえたかな−。

いつものスタンプラリーも、もちろん。


楽しかった週末でございました。


==おまけ==

シーサーならぬ鍾馗さまが屋根に!疫病神よけでしょうか。

やっぱ大阪とはちがうわねー。
posted by えみちゃん | 09:46 | たびのそら | comments(1) | - |
週末旅行 大阪編2
 大阪城公園のなかにあるシアターBRAVOでの観劇を終え、
ぶらぶらと桜を楽しみ通天閣を見学。タコヤキなんぞつまみつつ。

夕食を終えて道頓堀界隈を歩く。

大阪に来て思う。この店舗ディスプレイはなんだ、と(笑)







真っ向勝負というか、「これを食べなはれー」とぐいぐい。
東京育ちのわたしにはもうここは異国であります。
ストレートに広告を打つ、ひねりなんかなし。
素材だけじゃありません。





こーゆーのが通りの両側で客を招く。
すごいわーすごいわー。

猫だってただオイデオイデするだけじゃない。

             ウチはお寿司屋だからっ!

口をぽかんと開けて見上げるばかりなのでした。
posted by えみちゃん | 14:23 | たびのそら | comments(0) | - |
週末旅行 大阪編1
 週末は関西に行ってきました−。

目的はこちら。三谷幸喜作・演出の「ホロヴィッツとの対話」鑑賞です。



(以下ネタバレあります)

老境にありながらなお現役で演奏を続けるウラジミール・ホロヴィッツと
彼のピアノを調律する二回り年下のフランツ・モア。
初めてフランツ&エリザベスの家にディナーで訪れたホロヴィッツと妻ワンダとの
一夜のストーリーという仕立てでした。

私は観劇の時はレビューはもちろん、筋立てなどの前知識を
入れないようにして見るのですが、「対話」とあるからにゃー
ホロヴィッツとモアとのサシのやりとり、という芝居だろうと思っていたのですが
こりゃ「対話」じゃないだわね、二組の夫婦のぶつかりあいというか
女房対決みたいなもんだね、と、まずは芝居のタイトルに突っ込みを入れたい。

ホロヴィッツには段田安則、モアに渡辺謙、
ワンダは高泉淳子、エリザベスに和久映見

段田、渡辺、高泉3氏の達者さに和久井はいっぱいいっぱい。
三谷幸喜は初舞台の役者さんを入れるのがお好みのようで、
12人の優しい日本人では江口洋介を入れたし、ほとんど経験の無い
石田ゆり子を同じく12人〜や国民の映画で起用している。
今回は3対1でそりゃー荷が重かろうというものです。
そういう意味ではよく頑張ったといえるのかもしれません。

さて、三谷はまた実在の人物をモチーフに、というか
ひとつの伝記エピソードから様々に想像をふくらまし、彼独特の
人物像を作り上げる作が多く、たとえば
国民の映画(ゲッペルス)、ベッジ・パードン(夏目金之助)
ろくでなし啄木(石川啄木)、なにわバタフライ(ミヤコ蝶々)←これは未見!
それなりにふむふむ、というかんじですが、今回のはよくわかりませんでした。

天真爛漫な老天才ホロヴィッツときまじめな調律師との共感や反発、
という部分はほとんど無く、ワンダ対エリザベスのそれぞれのこどもをめぐる
ピリピリしたやりとりがやがて爆発し、それまでのコメディから一転
非常に重苦しい話が展開されるのです。

そして、日本人には非常にわかりにくい「神と我」というモチーフを
最後に持ってくる。うーん、どうだろうこれ。
ホロヴィッツ夫妻が抱える、スポイルし続けた一人娘を失った悲しみや後悔と、
空襲で兄弟を亡くした時の思い出を訥々と語るモアの抱える悲哀は
また別のものであり、家族を失って神を恨み、呪ったというモアの
それでもそれを乗り越え神と共にまた生きる、という心情信仰の吐露は
どうもしっくりこないのです。

天真爛漫な老天才ホロヴィッツを演じる段田は大まじめさがおかしくて
それはとても楽しめたし、渡辺謙はもうカッコいいし。
でも、もうちょっと二人の突き詰めた会話が見たかったですね。
後半、女性陣メインになってた部分が、どうもへんちくで、
ああ、離婚するのわかるわ、的な思いが浮かんだのでした。

自分のダンナがお世話になってて、彼がとても信頼して仕事してる相手の
奥さんにあんな風にキレたりしないよ、普通、って思ったし。

ちょっと辛口でしたが、とても堪能しました。
次の三谷作品も楽しみ。「おのれナポレオン」はとれなかった。
橋爪功と大泉洋との「ドレッサー」もあります。
もっともこちらは演出のみです。チケット取れるかな−。
posted by えみちゃん | 18:19 | たびのそら | comments(2) | - |
ルイーダの酒場にて

rps20120226_125502.jpg
マドハンドがあらわれた!


===========
ルイーダの酒場に行って来ました。今帰宅(笑)

ドラゴンクエストでおなじみの
「仲間をもとめて集まる出会いと別れの酒場」
時間制総入れ替えではあるが。

メニューが秀逸でHちゃんがかねてより行きたがっていたの。

よくできてますよお。


ゴールデンスライムのデミオムライス
ピンクモーモンティラミス
スライムつむりの抹茶コロネ 〜キラーウェーブと共に〜

オムライスとキーマカレーは美味しかったです。ぬるかったけどさ。

デザートは激甘。酒場のおねいさんに「やっつけてくださいね!」と
激励されたのですが、甘すぎて「にげる」を選択せざるを得ず。
まわりこまれてパーティー全滅という結果に終わったのだった。。。。。

私も行きたいだわ〜という方、ご予約を! → Luida's Bar

posted by えみちゃん | 14:37 | たびのそら | comments(4) | - |
七面鳥と黒にゃんこ
 アタミで休日です。

昨日はThanksgiving day。
ハツのおともだち、G夫妻宅でご馳走をいただきました。


私たちも一品、左奥の方に見えるちらし寿司♪

ホストのGが黙々とターキーの切り分け。

とってもやわらかジューシーでおいしかった。
たぶん、2年前にも同じこと書いてたはず。
スタッフィングもぐー。
たどたどしい英語でお話もしてきました。
ハツんちのさだちゃんは大学から戻ってこられなかったけど、
きっと昨日の私をほめてくれるはず。

さて、ハツんちの茶々姫です。

おとなしくてお上品でとーてもかわいい。
カメラが嫌いなので、なかなか撮らせてもらえません。
長毛黒にゃん好きだわぁ。

今日はハツは仕事だし、オットたちはゴルフ。
私はおとなしくお絵かきしておりましたよ。

くろにゃんこは写真に撮るのも絵に描くのもむずかしいですだ。
透明水彩も乗せたけど、でんでんわかんないね。
posted by えみちゃん | 15:47 | たびのそら | comments(2) | - |
ターキーは招くよ

11月も終わりになれば、シーズンは七面鳥ですな♪

アタミのハツんちに行って来ます。
毎度の事ながら、旅に出る数日前から楽しみなのと
猫を置いていく気の重さが錯綜します。
何かあれば屈強なオニイサンが駆けつけてくるし
シッターさんにすごいなついてるからだいじょぶなんだけどさ。

楽しんで来ます。向こうから更新できるかな。

かぜひくなよー。

posted by えみちゃん | 12:15 | たびのそら | comments(4) | - |
備前焼とかまぼこと留守番ねこ

いよいよ最終日。
朝の2時間ほど、美観地区を歩きました。

まずは日本郷土玩具館
よくもこれだけという程のおもちゃたち。
特に土ものの量がアッパレで、土鈴や土人形、鳩笛など
全国のいろいろを展示しています。

その中でフシギだったのがこれ。

ダルマは何に乗ってるんでしょ??龍??
ぼーとしたダルマだしー。

ひとつ備前焼のものが欲しくてギャラリー一陽窯へ。
あんこさんが教えて下さったところです。
2Fにカフェがあるのですが、11時〜だそうで断念。

こちらでクリの箸置きこうにゅー。

幅が5cmあるので、ちょっとした箸休めや薬味も乗ります。

つづいては小皿4種。


たとえば小さなお菓子を。

箸置きが420えん、小皿は840えんとお手頃でした。
備前焼は使う前にすこし水につけておくと、しっとりした肌が出てきれいです。

まだ、ちょっと時間あるね....
かまぼこだー、買っていきましょー。

手前はうす板、それとかすてらです。

かすてら、知ってますか? 西日本だけかなぁ。
魚のすり身とタマゴでちょっと甘めに焼いたふわふわかまぼこです。
今治にもあって、昔よく姑が大兄に送ってくれたものです。なつかしい。

さ、いよいよ帰路へ。岡山空港でレンタカーを返して旅は終わり。


ねこたちは普段通りのお出迎え、いぇ、誰も玄関に現れなかったわー。
シッターさんに甘えて遊んでもらって文句なかったようです。

シッターさん撮影の3葉。ぎんちゃん、この顔でスリスリって(笑)

posted by えみちゃん | 15:48 | たびのそら | comments(3) | - |
ドキドキわくわくモグモグ

旅の2日目はトド&アシカご夫妻のお宅にお邪魔しました。
ぎんぐり劇場を通じてこのブログにも来て下さるあんこさんも合流。

お久しぶりね〜、シマちゃん!

とってもおしゃべりでかわいい子。
低い塀の上でクネクネごろんとご機嫌良く歓迎してくれました。

もちろんビリーさんも。縁台デコスリスリを見せてくれたw


なんかね、ネコじゃないように見えたりもする。ミノムシを連想したりw


ねこたちにご挨拶して、
かねてよりトドさんのブログで拝見して1度行ってみたかった
テキサスさんのランチにみんなで行きました〜。

お店はこんなー。

モデルガンやアンティークな小物、写真などのインテリアで
とてもステキです。

私が頼んだのは生姜焼き&コロッケ!

どのプレートもおしゃれにドレスされています。スープとサラダも付くです。

美味しかったんですが、初めてお目にかかるあんこさんとお隣に座り、
アワアワして、さいごの紅茶にはタップリ塩を入れるというマンガのような
失態を犯したのでした。。。。
私は緊張すると、固まるのではなく、それを隠そうとハイテンションで
乗り切ろうとするタイプ。実はかなり上がってました。
本当はもっとおとなしいだのよ。
テンパって失言したりするんで、こういう時は随時フォローしてくれる
相方ハツがいないと〜。失礼があったら、申し訳なかったです。
次の機会のわたしをみて下さいっ。

午後には去年もお邪魔した山上の牧師さんのお宅へ。

和モダンというか、素敵な建具に古家具、リビングには薪ストーブ。
トップライトにはステンドグラス風のあしらい。ステキでした。

ずっとずっと吠えてたわんこ。去年もそうだったねぇ。

ノドが痛くなったんじゃないかしらん。      ポニーちゃんもいます。

おやつもいただいてしまいまして、あっというまに夕刻。
あんこさんとサヨナラして、トド&アシカさんと倉敷へ移動。

美観地区中心からちょっとの場所にある、イタリアンへ。
ものすごくおされなトラットリアはしまや
外は古い町並み、中は高い天井。お店の前のベンチがおしゃれでした。

前菜7種                 海胆・アワビ・烏賊のバッケリ

メインは頼めませんでした。おやつでお腹いっぱいになっちゃってー。
もともとイタリアンはアンテイパストを種類多くとワインで充分という質。
あともう一種のパスタ・プッタネスカもいただいて満足です。

ご夫妻とお知り合いになれて、もう6年近くになるでしょうか。
アシカさんはぎんぐり辞典にたくさんイラストを描いて下さって、
東京においでのときはお食事したりと、楽しい時間をいただいています。
ネットで出会ったこのご縁を大切にしたいな、と更けゆく倉敷の夜。しみじみ。

まだ続きますよ〜。



posted by えみちゃん | 11:20 | たびのそら | comments(3) | - |