Search this site
生誕快楽

毎年の年明け2ヶ月は鬼門。
病気もケガもここに集中するので、今年も用心用心。
おかげさまで、2月も終わりに近づきなんとか乗り切りそうです。
(ちょっとクビが痛むのが心配。村で働きすぎだろうか(笑))

先週末は友人達とのお誕生日の食事会でした。
ぢょおうことMちゃんも2月生まれ。合同♪

ところは横浜パンパシフィックベイホテルです。
遊仙境トゥーランドット


去年あたりから貝類を食べると、お腹にさわる疑惑があり、
なるたけ食べないようにしています。
今回「お嫌いなものはありますか」に「キライじゃないけど貝類が...」と
答えると、私だけ食材を変えてくれてとても親切。


オードブルは9種いろいろで、こういうのがうれしいのよねぇ、女子は。
水餃子に、魚介炒め、三枚肉包み焼きなどが続いて〆は担々麺ミニ。
辛いのよ−、熱いのよ−。
でもダシは牛骨系かな。コクがあって美味しかったです。

デザートはこれだー。

そう、このコースはanniversary plan生誕快楽であった。

海を見ながらゆっくり食べてたっぷりしゃべって。

お誕生プレゼントにはアレの詰め合わせをもらいました。

ミドリの子は木製。
どこかで見た雰囲気。以前にオオサンショウウオのこどもを
見つけて購入した事があるんですが、同じ作家さんのものでした。
さすが友人達は私の好みを完全掌握しているのであった。快楽。

posted by えみちゃん | 08:55 | たべもの | comments(6) | - |
ばんぺーゆ

お隣の奥様からまたまた頂きました。

晩白柚。でっかいだわー。


ぐりこのアタマもまんまるですがちっさいです。
中身はギッシルリだのよ、と言っておりました。
ばんぺいゆの中身はどうでしょう。

今日はうつぶせ。


最近は毎日このへんに落ちてます。
見る度に「チューしちゃうぞ、こら」と思います。
かわいそうだからそっと寝かしておくけどね。

posted by えみちゃん | 15:24 | たべもの | comments(0) | - |
うまうま

この数日は真冬の寒さ。おひなさまも凍えちゃったよねぇ。

さて、ゆうべは地元の焼き鳥屋さんを新規開拓。
ずっと通っていたお店が移転してしまい、ヤキトリジプシーしてたのです。
去年の暮れオープンしたというお店に。

 

これが大当たり〜。マジメで正統な焼き鳥たち。常連ケテーイ。
右のワインみたいなボトルは、じつは一升瓶。
岡山県真庭産の日本酒「9」です。女性の杜氏さんで、スッキリ系。
9人の蔵人で作っているんですって。
こちらのご主人は岡山出身だそうで、岡山のお酒がいろいろあります。

先日いただいたお菓子。
これも岡山のA子さんから!ありがとうございます〜。

ぎっしりの餡子に栗。両方大好きなオット、大絶賛。
長いおまんじゅうみたいで棒状になってるんですよー。
くどくないすっきりした甘さ。


そしてお隣の奥様からも!

去年もおひなさまのお菓子よ!といただいたのであった。

このところの不調で、また体重が落ちてしまい、
カラダはそれをリカバろうとするからか、甘い物がおいしいです。


posted by えみちゃん | 08:57 | たべもの | comments(6) | - |
tisana

今日は冷たい雨。昨日までは昼間半袖だったのにな。
いまだにコロモガエが完遂しませんなぁ。

さて、寒い時にはあたかーいお茶、です。
コーヒーはもちろん「色の濃いお茶は良くないよ」との
みきちゃん先生のご指導もあり、飲むと言えばはーぶてー。
ほうじ茶も好きなんだけどさ。

でもなかなか美味しいのに当たらない。
みょーに薬臭かったりすんのよねぇ。
先日、オーイソ在住の友人からカモミールいっぱいいただきました♪

スペイン語で、tisana=せんじ薬・ハーブティー。
カモミール=カミツレ=manzanillaです。
スペインではコーヒーはすごく濃いし、紅茶はマズイので、
まんさにーじゃをよく頼みました。

ふんふんふんふん

左の3つをいただきました。
右端の黄色いのは自分で買ったもの。
どれがなんやらわからなくなるので、今回はしっかり感想をメモります。

この春買ったスイレンが咲きました。

ヒメスイレン。直径25mmくらい。かわいいわぁ。

posted by えみちゃん | 10:19 | たべもの | comments(4) | - |
暑気払い
 ゆうべは暑気払いにどじょう鍋を。

創業1801年という駒形どぜう・本店でございます。


浅草の本店に行ったのは10数年ぶりです。
前回は靱帯断裂修復手術から退院したその足で(笑)
松葉杖で2階に上がり、きゅーとビールを飲んだのであった。

渋谷にも支店があるので、そちらの方へはしばしば。
父の好物でもあったので、家族で行ったりしたなあ。
渋谷はガスだけど、本店は炭火です。

このネギがうまいのよー。

昨夜は東京湾花火ということで、ドーンドーンという音。
駒形橋からビルのすきまに見てきました。
スカイツリーも見えたのよ。


それにしても蒸し暑い夜でした。
昔の江戸は縦横無尽に川が流れ、陽が落ちれば川風。
暑気払いにはどじょう鍋、といった感じだったのでしょう。
このヒートアイランド東京、暗渠ばかりにしてしまったのも一因かと。
もったいないことです。

一夜明け、朝っぱらから行き倒れのふたり。


おかさん、きょうもあづい−。

posted by えみちゃん | 09:55 | たべもの | comments(5) | - |
いつものあれ

あづい、あづい。
朝イチで外に出してあげたぐりたんですが、あっという間に煮え煮え。
ぴにゃーと抗議されましたが、すぐ撤収。

この時期のうちの「いつものあれ」
小なすの煮たのです。



小なすの軸をヘタぎりぎりで落とし、さっと洗い、
小鍋に日本酒と醤油半々位、ひたひたよりチョイ少なめに入れ、
粉だし(うちはかつおと昆布を合わせた顆粒タイプ)少々に
ヘタ取って種を落とした唐辛子。
火にかけて中火にし、煮立ってきたら弱火でコトコト。
1時間位かな。火を止めてさまし、冷蔵庫へ。

冷たくてしょっぱくて辛い、うちの夏の定番です。
ビールにもいいんだけど、あっつあつのお茶漬けに合うのよ〜。
オットはこれが好きで、いっぺんに3つも4つも食べちゃうので
塩分取りすぎだよ−、と注意するのですが(笑)

日本酒をけちって水と半分にしたりすると、これがダメで。
コクが出ないというか、水っぽくなっちゃうのです。
夏の間は、切れ目無く常備しています。

posted by えみちゃん | 12:07 | たべもの | comments(5) | - |
とりてん

今夜のおかずはとり天にしました。



大分ではどこでも食べられる、ごくポピュラーなお料理です。
とり天丼とかとり天うどんとかあります。

ささみで作ってもいいようですが、今日は胸肉を使いました。
塩・こしょう・日本酒・ショウガ絞り汁・ごま油少々をもみ込んで下味を付け
水で溶いた天ぷら粉にからませて揚げます。
タマゴがない方がカラっと揚がると思います。
ポン酢でよし、めんつゆでよし、すだちやレモンをしぼっただけでよし、
あっさりしててお勧めですよー。

posted by えみちゃん | 20:28 | たべもの | comments(0) | - |
Happy Thanksgiving!

ただいまグァム滞在中です!
thanksgivingなんですー。
飲み始めてからすでに5時間経過してクラクラしてます〜。
お招きいただいたのはHちゃんご夫婦の友人G氏宅。

食事前にママ・シャーリーの心温まるスピーチ。
みんなヨダレたらしつつ聞きます(笑)


私は4年前に一度招んでいただいたのですが
オットは今年初めてです。
よそでは食べられないジューシーなターキー、
コレステロールがすっごいマッシュポテト、
もうね、いっぱいなの、ごちそーがー!

私もお手伝いして持って行ったちらし寿司です。


英語しゃべるのがニガテな私ですが、今年はいつも通訳してくれる
Hちゃんのお嬢さんのSちゃんがいないので、ガンバリました。
私より喋れないオットが、みなさんと上手くコミュニケートしており、
やっぱ、言語は二の次よね、共に楽しむ、がダイジなのよね、とつくづく。

とっても素敵な一日でした。

posted by えみちゃん | 19:08 | たべもの | comments(7) | - |
うなうな

東京でいちばん美味しいウナギです。


中・1700円

一口頬張ればぷりっぷりっの歯ごたえ。ウマイ!
え?ぷりぷり?とお思いのアナタ。
そう、このウナギは西日本ではアタリマエの、生から焼いたものです。

このお店は今年移転しましたが、以前は父の会社の真向かいにありました。
大分生まれの父にとってもウナギは蒸さないのが普通。
こどもの頃からウナギと言えばこのお店だった私達兄弟も、
当然蒸さない関西風が「ウナギ」なのです。

いまだに「柔らかくてトロけるような」という形容詞に馴染めない。
正直、東京のウナギを美味しい!と思ったことがありません。

東京では唯一と言うくらい美味しいウナギを出す、貴重なお店です。
こちらはタレもべたべたと甘くなく、ご飯はしゃっきり。
生からなのに強い炭火で一気に焼き上げられます。

「ウナギってこういう食べ物よねっ!」と大満足でございました。

銀座1丁目ひょうたん屋
前のお店の写真が載っている情報サイトが多いですが、今はきれいになっています。

posted by えみちゃん | 08:23 | たべもの | comments(2) | - |
ちきんれもん

いつも見ているお気に入りのわんこブログに
おいしそーなメニューが紹介されていたので、さっそく作ってみました−。
もともとはCOOKPAD発のレシピだそうで。

ジャーン! チキンの煮込みレモン風味。


・タマネギ1個      半分に切ってスライス
・ニンニク大2片     厚めにスライス
・手羽元6本         塩胡椒して小麦粉をまぶす
・レモン1個          絞る
・パセリみじん適宜
・クミン、赤唐辛子など
・固形コンソメ2個

材料はこれだけー。


今回、鶏手羽元は開いてあるのが売っていたのでそれを使用。
この方が早く煮えるでしょ。作り方は、

1 タマネギとニンニク、クミンシードをくたっとなるまで炒める。
2 手羽元はこんがり焼き付ける
3 鍋に投入。コンソメ2個を入れて、かぶるくらいまで水を入れる。
4 熱して沸いたら、弱火にして1時間程ひたすら煮る。赤唐辛子はお好みで半分に
   ちぎって入れる。チキンが骨からほろっと外れる位まで煮ます。
5 塩胡椒で味を調え、火を止めてレモン汁を入れる。
6 ご飯にかけてパセリのみじんをちらす。

まぶした小麦粉でとろみがつきますが、スープかけごはんね。
レモンでとってもさっぱり! オリジナルには唐辛子は入ってないけど
酸っぱい辛いが好きなので入れてみました。
けっこうニンニクが効いていて、夏場、友人達を招ぶ時とかいいんじゃないかしらー。
それもそのはず、セネガルのお料理だそうです。

それにしても、レシピとか話題のお菓子とか雑貨とか、ネットってイモヅルに
情報がつながっていくもんだなぁ、と改めて思います。

追記:この分量で2人分です!オット的には辛みがもすこし欲しかったらしい。
    チリペッパーでも振ってもらおうかしらねぇ。


posted by えみちゃん | 08:11 | たべもの | comments(2) | - |